やりたい事を邪魔する制約を外そう




前回は、このブログを始めた目的と僕が考える最高に充実した人生についてお話しました。

とにかくやりたい事をどんどん叶えていくことが充実した人生ではないかというのが、僕の考えです。

しかし、やりたい事が全て簡単に叶えられるかというとそうではない。

僕たちの欲求はある制約の範囲内でしか実現出来ない。

その制約とは何か?

①経済的制約と②時間的制約と③能力的制約の3つです。

これらの制約をどれだけ取っ払う事ができるかで、人生の充実度も変わってくると僕は思います。

 

制約の外し方

制約を外すというと、ちょっと難しそうに聞こえるかもしれませんが、要するにそれぞれの質と量を少しずつ高めていこうという話です。

・経済的制約を外したいなら、自分が自由に使えるお金の量を増やす。
・時間的制約を外したいなら、自分が自由に使える時間の量を増やす。
・能力的制約を外したいなら、自分の能力を向上させる。

いたって、シンプルですよね。

このように自分に掛かっている制約を外していく事で、すこしづつ実現出来る事が増えていき、人生が充実してくる。

その制約の外し方で合っているか?

「よし、じゃあまずは経済的制約を外す為に残業を増やそう」

もし、こんな事を考えた人は要注意!!

残業を増やせば確かに残業代としてお金は増えますが、その分自分の時間が減り、時間的制約が増す事になります。

実はそれぞれの制約は独立しているわけではなく密接に繋がっているので、外し方には注意が必要です。
その他にもよくある注意すべき制約の外し方が資格取得ですね。

資格を持つ事であなたの年収が上がったり、やりたい事が実現すつというならいいですが、資格を取る事を目的になっている場合は問題です。

私が以前勤めていた会社でもTOEIC800点を取ろうという上からの指示がありましたが、果たしてTOEIC800点の英語力が本当に必要でしょうか?

普通に日本で生活する分にはそこまでの英語力は不要です。

それよりもTOEIC800点を取るまでに掛かる時間がもったいないと僕は思います。

もし、資格を取ろうと考えるのであれば、その資格保持者の年収やワークスタイルを確認し、資格取得までに要する勉強時間も調べましょう。

その上で、本当にこの資格を取る必要があるのかどうか、見極めた上で勉強を始める事をお勧めします。

相乗効果の高いやり方で制約を外そう

では、どのように「お金と時間と能力」の質と量を高め、制約を外していけばよいでしょうか?

僕は始めのうちは相乗効果の高い制約の外し方が良いと思います。

要は一石二鳥となる外し方という意味です。
レバレッジが効くといっても良いでしょうか。

1つの制約を外すために行った事が、他の制約を取っ払うことにも繋がるような行動や、「お金、時間、能力」の質と量を高める上でベースとなるような部分を底上げしていく事が良いです。

具体的な行動の例は、また次回のブログで書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です